〒248-8686神奈川県鎌倉市御成町18-10(鎌倉市役所内2階)
TEL:0467-23-3000FAX:0467-24-3401
皆さんが安心して暮らせる住みよい鎌倉市、環境・平和・福祉の鎌倉市を目指して
議会での質問等

2015年7月2日

戦争法案(安保関連法案)「撤回」の意見書多数で可決

共産党・ネット・無所属含め 賛成多数で可決

鎌倉市議会は7月1日の定例本会議で、安倍政権が今国会で成立を狙っている戦争法案について、「撤回を求める意見書」を賛成13、反対10で可決しました。
千一、保坂令子、赤松正博の3議員が共同で提案しました。
意見書では「法案が違憲であるということは、日本の憲法学者の多数の見解でもある。・・・本法案は立憲主義を否定する」と法案の撤回を求めました。
13対10の多数で可決された瞬間、傍聴席につめかけていた大勢の市民から笑顔が大きく広がりました。

下記は可決された意見書です。

安全保障関連法案の撤回を求める意見書

鎌倉市議会は、平成26年6月定例会において「集団的自衛権行使を容認する憲法解釈についての意見書」を賛成多数で採択し、「立憲主義の立場から、閣議決定のみによる憲法解釈の変更を行わないよう」国に求めた。
しかし、政府は、閣議決定を受けて与党協議を進め、今国会に改正10、新法1からなる安全保障関連法案(以下「本法案」という。)を提出するに至った。
本法案は、集団的自衛権の行使を容認し、後方支援などの曖昧な定義を掲げて自衛隊を海外に派遣して他国の軍隊の武力行使を支援する活動等を認めるものである。
6月4日の衆議院憲法審査会に参考人として招致された憲法学者3名の全員が、集団的自衛権の行使を憲法違反とする見解を述べたが、集団的自衛権の行使を盛り込んだ本法案が違憲であるということは日本の憲法学者の多数の見解でもある。
立法により事実上の改憲を行おうとする本法案は、立憲主義を否定するものである。
よって、鎌倉市議会は、本法案による安全保障法制の改変に反対し、本法案の撤回を求める。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成27年7月1日
鎌  倉  市  議  会

 

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP