〒248-8686神奈川県鎌倉市御成町18-10(鎌倉市役所内2階)
TEL:0467-23-3000FAX:0467-24-3401
皆さんが安心して暮らせる住みよい鎌倉市、環境・平和・福祉の鎌倉市を目指して
議会での質問等

2014年10月8日

鎌倉市公共施設再編計画 市民的議論と合意を大前提にせよ!

鎌倉市公共施設再編計画(素案)を発表

鎌倉市公共施設再編計画(素案)が9月議会に報告されました。
計画は40年後の平成65年を目標にしたものです。「公共施設の維持・更新経費に年56・7億円かかり、現在、年間支出している投資的経費20・2億円の2・8倍の経費が40年間つづく」「更に新規事業予定30億円加えると年57億円」かかると説明しています。そのためトータルコスト50%削減を目標に①建物の長寿命化②全施設の床面積の削減③運営方法の見直しをあげています。

延床面積削減目標 
     芸術館の床、3館分以上 

算出根拠に、全国約1千自治体の、人口規模別、一人当たりの施設面積の最小値1・95㎡を基準に、20年後の鎌倉の人口を1万人減少と見込み算出した結果、現状の総床面積より多いとされる7万2千㎡を削減目安としています。これは芸術館3つ分以上の床面積にあたります。
支所、図書館、老人センターなど
             5地区の拠点校に集約、複合化

市は施設の老朽化、人口減少と財政難を理由に地区ごとに1か所の拠点校をきめ、学校の立替え時に集約化、複合化する計画です。また、今後の児童、生徒数の推移をみて、小学校3校、中学校1校の統廃合も「検討」としています。
これほど地域にとって大きな問題はありません。また教育、文化、芸術、福祉、子育てなど夫々の分野にとっても大事な問題が、あまりにも市民不在で進行しています。
ごみ問題の時以上に、ていねいに説明会を開くべきです。市民的合意なしの見切り発車に強く反対するものです。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP